Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x i386/x86_64 の openssl

medium Nessus プラグイン ID 77215

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

OBJ_obj2txt() 関数が出力を適切に NUL 終端させるのに失敗する可能性があることが、発見されました。これにより、OpenSSL 関数を使用しているアプリケーションが X.509 の証明書のフィールドをフォーマットし、メモリの一部を漏洩する可能性があります。(CVE-2014-3508)

OpenSSL が DTLS パケットを処理する方法で、複数の欠陥が発見されました。リモートの攻撃者が、これらの欠陥を利用して、 OpenSSL を使用する DTLS サーバーまたはクライアントをクラッシュさせたり、過剰な量のメモリを消費させたりする可能性があります。(CVE-2014-0221、 CVE-2014-3505、CVE-2014-3506)

匿名のディフィー・ヘルマン(DH)鍵交換を使用している場合、OpenSSL がハンドシェイクを行う方法で、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。
悪意あるサーバーが、クライアントが匿名の DH 暗号化パッケージを有効化している場合に、OpenSSL を使用する DTLS クライアントをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2014-3510)

この更新を有効にするには、OpenSSL ライブラリにリンクされているすべてのサービス(httpd およびその他の SSL が有効なサービスなど)を再起動するか、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8e997f32

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 77215

ファイル名: sl_20140813_openssl_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/8/15

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-perl, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2014/8/13

脆弱性公開日: 2014/6/5

参照情報

CVE: CVE-2014-0221, CVE-2014-3505, CVE-2014-3506, CVE-2014-3508, CVE-2014-3510