Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の openssl

medium Nessus プラグイン ID 77216
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

含まれている Supported EC Point Format 拡張で OpenSSL が ServerHello メッセージを処理する方法に、競合状態が見つかりました。悪意あるサーバーが、この欠陥を利用して、OpenSSL を使用しているマルチスレッド TLS/SSL クライアントに、開放されたメモリに対して書き込みを行わさせる可能性があります。これにより、クライアントがクラッシュしたり、任意のコードが実行されたりします。
(CVE-2014-3509)

OBJ_obj2txt() 関数が出力を適切に NUL 終端させるのに失敗する可能性があることが、発見されました。これにより、OpenSSL 関数を使用しているアプリケーションが X.509 の証明書のフィールドをフォーマットし、メモリの一部を漏洩する可能性があります。(CVE-2014-3508)

OpenSSL がフラグメント化されたハンドシェイクパケットを処理する方法で、欠陥が見つかりました。中間者攻撃を行う攻撃者が、この欠陥を利用して、 OpenSSL を使用する TLS/SSL サーバーに TLS 1.0 の使用を強制する可能性があります。これは、クライアントおよびサーバーの両方が、新しいバージョンのプロトコルをサポートしている場合でも当てはまります。(CVE-2014-3511)

OpenSSL が DTLS パケットを処理する方法で、複数の欠陥が発見されました。リモートの攻撃者が、これらの欠陥を利用して、 OpenSSL を使用する DTLS サーバーまたはクライアントをクラッシュさせたり、過剰な量のメモリを消費させたりする可能性があります。(CVE-2014-3505、 CVE-2014-3506、CVE-2014-3507)

匿名のディフィー・ヘルマン(DH)鍵交換を使用している場合、OpenSSL がハンドシェイクを行う方法で、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。
悪意あるサーバーが、クライアントが匿名の DH 暗号化パッケージを有効化している場合に、OpenSSL を使用する DTLS クライアントをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2014-3510)

この更新を有効にするには、OpenSSL ライブラリにリンクされているすべてのサービス(httpd およびその他の SSL が有効なサービスなど)を再起動するか、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b5d6f17d

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 77216

ファイル名: sl_20140813_openssl_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/8/15

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-perl, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl-static, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2014/8/13

脆弱性公開日: 2014/8/13

参照情報

CVE: CVE-2014-3505, CVE-2014-3506, CVE-2014-3507, CVE-2014-3508, CVE-2014-3509, CVE-2014-3510, CVE-2014-3511