Debian DSA-3012-1:eglibc - セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 77418

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Tavis Ormandy 氏は、GNU C ライブラリの Debian のバージョンである eglibc でコードを読み込む transliteration モジュールに、ヒープベースのバッファオーバーフローがあることを発見しました。その結果、細工された宛先文字セット引数を iconv 関連の文字会話機能に供給できる攻撃者が、任意のコードを実行することがあります。

この更新により、読み込み可能な gconv 表記変換モジュールのサポートが削除されます。
セキュリティの脆弱性に加えて、コードを読み込むこのモジュールには、機能面での欠陥があり、意図されていた目的に対して機能するのが阻止されていました。

ソリューション

eglibc パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(wheezy)では、この問題はバージョン 2.13-38+deb7u4 で修正されています。

関連情報

https://packages.debian.org/source/wheezy/eglibc

https://www.debian.org/security/2014/dsa-3012

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 77418

ファイル名: debian_DSA-3012.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/8/28

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:eglibc, cpe:/o:debian:debian_linux:7.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/8/27

参照情報

CVE: CVE-2014-5119

BID: 68983

DSA: 3012