Oracle Access Manager 詳細不明な脆弱性(credentialed check、2014 年 4 月 CPU)

medium Nessus プラグイン ID 77421

概要

リモートホストは、認証された攻撃者が機密性に影響を与えることができる、詳細不明な脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Oracle Access Manager には、機密性に影響を与える詳細不明な脆弱性から保護するために構成変更が必要なドメインが 1 つ以上あります。

ソリューション

ベンダーにより提供されている、推奨される構成の回避策を適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?ef1fc2a6

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 77421

ファイル名: oracle_access_manager_cve_2014_2404_win.nbin

バージョン: 1.484

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2014/8/28

更新日: 2024/6/13

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 4

現状値: 3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware

必要な KB アイテム: Oracle/OAM/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/15

脆弱性公開日: 2014/4/15

参照情報

CVE: CVE-2014-2404

BID: 66862