Fedora 20:glibc-2.18-14.fc20(2014-9824)

high Nessus プラグイン ID 77430

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

- ロケール名は、環境変数から取得されたもの(LANG および LC_* 変数)を含めて、適切な構文であるかを厳しくチェックされ、今では setlocale は、非常に長かったり、スラッシュで始まらないスラッシュを含んでいたり、「 」パス成分を含んでいたりするロケール名で失敗します(EINVAL 付き)。(CVE-2014-0475)以前は、AT_SECURE モードで実行するとき、一部の有効なロケール名が信号を送らずに「C」ロケールで置き換えられていました(SUID プログラムの場合など)。追加のチェックのために、これは、もはや必要ではありません。

- まったく機能しなかったために、ロード可能な gconv 表記変換モジュールのサポートが削除されました。通常の gconv 変換モジュールは今でもサポートされています。
(CVE-2014-5119)

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けた glibc パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1102353

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1129743

http://www.nessus.org/u?cbef587b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 77430

ファイル名: fedora_2014-9824.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/8/29

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:glibc, cpe:/o:fedoraproject:fedora:20

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/8/28

参照情報

CVE: CVE-2014-0475, CVE-2014-5119

BID: 68505, 68983

FEDORA: 2014-9824