Ubuntu 12.04 LTS:linux-lts-trusty 脆弱性(USN-2358-1)

high Nessus プラグイン ID 77820

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Linux カーネルの KVM(カーネル仮想マシン)サブシステムを処理するページに欠陥があることを、Jack Morgenstein 氏が報告しました。OS のゲストユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否(ホスト OS のメモリ破損)を引き起こしたり、その他の特定されない影響をホスト OS に及ぼしたりする可能性があります。(CVE-2014-3601)

Linux カーネルの SCTP 認証の欠陥を、Jason Gunthorpe 氏が報告しました。リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスおよび OOPS)を引き起こすことがありました。(CVE-2014-5077)

Linux カーネルが iso9660(コンパクトディスクファイルシステム)イメージを処理する方法に欠陥があることを、Chris Evans 氏が報告しました。CD/DVD ドライブとループバックマウントのいずれかにより、 iso9660 カスタムイメージをマウントできる攻撃者が、サービス拒否(システムクラッシュまたは再起動)を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-5471)

Linux カーネルが iso9660(コンパクトディスクファイルシステム)イメージを処理する方法に欠陥があることを、Chris Evans 氏が報告しました。CD/DVD ドライブとループバックマウントのいずれかにより自己参照 CL エントリで iso9660 カスタムイメージをマウントできる攻撃者が、サービス拒否(kill できないマウントプロセス)を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-5472)。

ソリューション

影響を受ける linux-image-3.13.0-36-generic および/または linux-image-3.13.0-36-generic-lpae パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2358-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 77820

ファイル名: ubuntu_USN-2358-1.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/9/24

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-generic-lpae, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/9/23

脆弱性公開日: 2014/8/1

参照情報

CVE: CVE-2014-3601, CVE-2014-5077, CVE-2014-5471, CVE-2014-5472

BID: 68881, 69396, 69428, 69489

USN: 2358-1