Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:bash(MDVSA-2014:186)

critical Nessus プラグイン ID 77843

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

特別に細工された一定の環境変数を Bash が診断する方法に欠陥が見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、環境制限をオーバーライドまたはバイパスし、シェルコマンドを実行する可能性があります。認証を受けていないリモートの攻撃者が、特定のサービスやアプリケーションを利用して環境変数を提供し、それらにこの問題を悪用させます(CVE-2014-6271)。

ソリューション

影響を受ける bash および/または bash-doc パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:1293

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 77843

ファイル名: mandriva_MDVSA-2014-186.nasl

バージョン: 1.22

タイプ: local

公開日: 2014/9/25

更新日: 2022/1/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:bash, p-cpe:/a:mandriva:linux:bash-doc, cpe:/o:mandriva:business_server:1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/9/24

CISAの既知の悪用日: 2022/7/28

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Apache mod_cgi Bash Environment Variable Code Injection (Shellshock))

参照情報

CVE: CVE-2014-6271

BID: 70103

MDVSA: 2014:186

IAVA: 2014-A-0142