GNU Bash のローカル環境変数処理のコマンドインジェクション(Mac OS X)(Shellshock)

critical Nessus プラグイン ID 77971

概要

リモートホストが、リモートコード実行の脆弱性による影響を受けます。これは一般に Shellshock と呼ばれています。

説明

リモート Mac OS X ホストに、3.2.53(1) リリースより前の Bash のバージョンがインストールされています。したがって、環境変数の操作によるコマンドインジェクションの脆弱性の影響を受けます。
システムの構成によっては、攻撃者がリモートで任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

ベンダーから提供されたパッチを適用してください。

関連情報

http://support.apple.com/kb/HT6495

http://www.nessus.org/u?b5039c7b

http://support.apple.com/kb/DL1767

http://support.apple.com/kb/DL1768

http://support.apple.com/kb/DL1769

http://seclists.org/oss-sec/2014/q3/650

https://www.invisiblethreat.ca/post/shellshock/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 77971

ファイル名: macosx_shellshock_update.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2014/9/30

更新日: 2022/6/29

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-7169

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:mac_os_x, cpe:/a:gnu:bash

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/MacOSX/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/9/29

脆弱性公開日: 2014/9/24

CISAの既知の悪用日: 2022/7/28

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Qmail SMTP Bash Environment Variable Injection (Shellshock))

参照情報

CVE: CVE-2014-6271, CVE-2014-7169

BID: 70103

CERT: 252743

IAVA: 2014-A-0142

EDB-ID: 34765, 34766, 34777