Google Chrome < 38.0.2125.101 複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 78080

概要

リモートホストに含まれるウェブブラウザは複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

リモートホストにインストールされている Google Chrome のバージョンは、 37.0.2062.94 より前のバージョンです。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

- V8 および IPC にリモートコード実行を招く欠陥が存在します。(CVE-2014-3188)

- PDFium に領域外読み取りエラーが存在します。
(CVE-2014-3189、CVE-2014-3198)

- イベント、レンダリング、DOM、Web ワーカーに use-after-free エラーが存在します。(CVE-2014-3190、CVE-2014-3191、CVE-2014-3192、 CVE-2014-3194)

- セッション管理に、型の取り違え(Type Confusion)エラーが存在します。
(CVE-2014-3193)

- V8 JavaScript エンジンおよび XSS Auditor に情報漏洩の脆弱性が存在します。
(CVE-2014-3195、CVE-2014-3197)

- Windows サンドボックスにセキュリティバイパスの脆弱性が存在します。(CVE-2014-3196)

- V8 JavaScript エンジンのバインディングのアサーションに関連するエラーが存在します。(CVE-2014-3199)

- 未特定の脆弱性が複数存在します。
(CVE-2014-3200)

- V8 に複数の脆弱性が存在します。

ソリューション

Google Chrome 38.0.2125.101 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?5b44442f

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 78080

ファイル名: google_chrome_38_0_2125_101.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2014/10/7

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-3188

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:google:chrome

必要な KB アイテム: SMB/Google_Chrome/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/7

脆弱性公開日: 2014/10/7

参照情報

CVE: CVE-2014-3188, CVE-2014-3189, CVE-2014-3190, CVE-2014-3191, CVE-2014-3192, CVE-2014-3193, CVE-2014-3194, CVE-2014-3195, CVE-2014-3196, CVE-2014-3197, CVE-2014-3198, CVE-2014-3199, CVE-2014-3200, CVE-2014-7967

BID: 70262, 70587