Ubuntu 10.04 LTS/12.04 LTS/14.04:bash の脆弱性(USN-2380-1)(Shellshock)

critical Nessus プラグイン ID 78260

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Michal Zalewski 氏は Bush が特定の関数定義の解析を不適切に処理することを発見しました。攻撃者が非常に特殊な名前の付いた関数定義が含まれる環境変数を作成できる場合、これらの問題が利用されて特定の環境制限がバイパスされ、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2014-6277、CVE-2014-6278)

注意:前回の Bash セキュリティ更新 USN-2364-1 では、これらの問題が Shellshock 攻撃に利用されるのを防止するための強力な対策がとられています。

ソリューション

影響を受ける bash パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2380-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 78260

ファイル名: ubuntu_USN-2380-1.nasl

バージョン: 1.25

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/10/11

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bash, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/9

脆弱性公開日: 2014/9/27

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (CUPS Filter Bash Environment Variable Code Injection (Shellshock))

参照情報

CVE: CVE-2014-6277, CVE-2014-6278

BID: 70165, 70166

USN: 2380-1

IAVA: 2014-A-0142