Oracle Java SE 複数の脆弱性(2014 年 10 月 CPU)(Unix)

critical Nessus プラグイン ID 78482

概要

リモート Unix ホストに、複数の脆弱性の影響を受けるプログラミングプラットフォームがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle(旧 Sun)Java SE または Java for Business は、 8 Update 25、7 Update 71、6 Update 85、または 5 Update 75 より前のバージョンです。このため、次のコンポーネントでのセキュリティ問題の影響を受けます。

- 2D
- AWT
- デプロイメント
- ホットスポット
- JAXP
- JSSE
- JavaFX
- ライブラリ
- セキュリティ

ソリューション

JDK/JRE 8 Update 25、7 Update 71、6 Update 85、5 Update 75 またはそれ以降に更新し、必要に応じて、影響を受けるバージョンを削除してください。

JDK/JRE 5 Update 75 または以降、もしくは 6 Update 85 または以降を入手するには、 Oracle の延長サポート契約が必要ですので、注意してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2b7fdf57

http://www.nessus.org/u?631ebd82

http://www.nessus.org/u?cd6e3a16

http://www.nessus.org/u?726f7054

http://www.nessus.org/u?84f3023c

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 78482

ファイル名: oracle_java_cpu_oct_2014_unix.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2014/10/15

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/14

脆弱性公開日: 2014/10/14

参照情報

CVE: CVE-2014-4288, CVE-2014-6456, CVE-2014-6457, CVE-2014-6458, CVE-2014-6466, CVE-2014-6468, CVE-2014-6476, CVE-2014-6485, CVE-2014-6492, CVE-2014-6493, CVE-2014-6502, CVE-2014-6503, CVE-2014-6504, CVE-2014-6506, CVE-2014-6511, CVE-2014-6512, CVE-2014-6513, CVE-2014-6515, CVE-2014-6517, CVE-2014-6519, CVE-2014-6527, CVE-2014-6531, CVE-2014-6532, CVE-2014-6558, CVE-2014-6562

BID: 70456, 70460, 70468, 70470, 70484, 70488, 70507, 70518, 70519, 70522, 70523, 70531, 70533, 70538, 70544, 70548, 70552, 70556, 70560, 70564, 70565, 70567, 70569, 70570, 70572