Oracle Linux 6:krb5(ELSA-2014-1389)

high Nessus プラグイン ID 78523

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2014:1389 から:

複数のセキュリティの問題といくつかのバグを修正する更新済みの krb5 パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 6 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

ネットワーク化認証システムである Kerberos は、信頼できる第三者機関(Kerberos KDC)の支援で、クライアントとサービスの相互認証を可能にするものです。

KDC が複数のレルムを使用する場合に、特定のリクエストにより setup_server_realm() 関数が NULL ポインターを逆参照する可能性があります。認証されていないリモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、特別に細工されたリクエストにより KDC をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2013-1418、CVE-2013-6800)

NULL ポインターデリファレンスの欠陥が、継続トークンに関して、 MIT Kerberos SPNEGO アクセプターで見つかりました。認証されていないリモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、GSSAPI を有効にしているサーバーアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。
(CVE-2014-4344)

KADM5 管理サーバー(kadmind)を LDAP バックエンドとともに KDC データベース用に使用すると、サーバーでバッファオーバーフローが発生することが判明しました。
認証されているリモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、 kadmind が実行されているシステムで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2014-4345)

MIT Kerberos が特定のリクエストを処理する場合の方法にバッファオーバーリードの欠陥が 2 つ見つかりました。パケットをクライアント/サーバーアプリケーションの GSSAPI セッションに注入することのできる未認証のリモートの攻撃者が、これらいずれか一方の欠陥を利用して、そのアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。
(CVE-2014-4341、CVE-2014-4342)

MIT Kerberos SPNEGO イニシエーターに、二重解放の欠陥が見つかりました。あたかも GSSAPI アクセプターから送出されたようにパケットを偽装させることのできる攻撃者が、この欠陥を利用して、 MIT Kerberos を使用するクライアントアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2014-4343)

これらの更新済みの krb5 パッケージには、いくつかのバグ修正も含まれています。スペースの関係で、変更すべてを文書化しこのアドバイザリに反映されているわけではありません。これらの変更のなかで最も重要なものについては、「参照」でリンクされている Red Hat Enterprise Linux 6.6 テクニカルノートを参照してください。

krb5 の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける krb5 パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2014-October/004528.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 78523

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2014-1389.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/10/17

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.5

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-pkinit-openssl, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-server, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-server-ldap, p-cpe:/a:oracle:linux:krb5-workstation, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/16

脆弱性公開日: 2013/11/17

参照情報

CVE: CVE-2013-1418, CVE-2013-6800, CVE-2014-4341, CVE-2014-4342, CVE-2014-4343, CVE-2014-4344, CVE-2014-4345

BID: 63555, 63770, 68908, 68909, 69159, 69160, 69168

RHSA: 2014:1389