Oracle Database の複数の脆弱性(October 2014 CPU)

high Nessus プラグイン ID 78540
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Oracle データベースサーバーに 2014 年 10 月の重要なパッチ更新(CPU)がありません。このため、次のコンポーネントでのセキュリティ問題の影響を受けます。

- Application Express
- Core RDBMS
- Java VM
- JDBC
- JPublisher
- SQLJ

ソリューション

October 2014 Oracle Critical Patch Update アドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?1ada40cc

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 78540

ファイル名: oracle_rdbms_cpu_oct_2014.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Databases

公開日: 2014/10/17

更新日: 2020/6/1

依存関係: oracle_rdbms_query_patch_info.nbin, oracle_rdbms_patch_info.nbin

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:database_server

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/14

脆弱性公開日: 2014/10/14

参照情報

CVE: CVE-2014-0050, CVE-2014-2478, CVE-2014-4289, CVE-2014-4290, CVE-2014-4291, CVE-2014-4292, CVE-2014-4293, CVE-2014-4294, CVE-2014-4295, CVE-2014-4296, CVE-2014-4297, CVE-2014-4298, CVE-2014-4299, CVE-2014-4300, CVE-2014-4301, CVE-2014-4310, CVE-2014-6452, CVE-2014-6453, CVE-2014-6454, CVE-2014-6455, CVE-2014-6467, CVE-2014-6477, CVE-2014-6483, CVE-2014-6537, CVE-2014-6538, CVE-2014-6542, CVE-2014-6543, CVE-2014-6544, CVE-2014-6545, CVE-2014-6546, CVE-2014-6547, CVE-2014-6560, CVE-2014-6563

BID: 70453, 70465, 70467, 70473, 70474, 70480, 70482, 70490, 70492, 70495, 70498, 70499, 70500, 70501, 70502, 70504, 70505, 70508, 70514, 70515, 70524, 70526, 70527, 70528, 70529, 70536, 70541, 70547, 70553