Oracle WebLogic Server の複数の脆弱性(2014 年 10 月 CPU)

high Nessus プラグイン ID 78541

概要

リモートホストが、複数の特定されない脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle WebLogic Server のバージョンは、複数の特定されない脆弱性による影響を受け、次のコンポーネントに影響を与えます:

- WebLogic Tuxedo Connector
- WLS-Console(Strutsベース)
- WLS-Console

ソリューション

October 2014 Oracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?1ada40cc

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 78541

ファイル名: oracle_weblogic_server_cpu_oct_2014.nbin

バージョン: 1.451

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2014/10/17

更新日: 2024/6/21

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0114

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 8.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:weblogic_server, cpe:/a:oracle:fusion_middleware

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/14

脆弱性公開日: 2014/10/14

エクスプロイト可能

Metasploit (Apache Struts ClassLoader Manipulation Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2013-1739, CVE-2013-1740, CVE-2013-5605, CVE-2013-5606, CVE-2014-0114, CVE-2014-1490, CVE-2014-1491, CVE-2014-1492, CVE-2014-6499, CVE-2014-6534

BID: 62966, 63737, 63738, 64944, 65332, 65335, 66356, 67121, 70449, 70463