RHEL 6:Virtualization Manager(RHSA-2012:1537)

medium Nessus プラグイン ID 78942

概要

リモート Red Hat ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティ問題とさまざまなバグを修正する更新済みの jasperreports-server-pro パッケージが、現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

JasperReports Server は、レポートサーバーです。

Apache Xerces2 Java Parser が DTD のシステム識別子を処理したやり方で欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者は、Apache Xerces2 Java パーサーを使用するプリケーションによって解析されるとサービス拒否(過度な CPU の使用によるアプリケーションのハングアップ)につながる可能性のある、特別に細工された XML ファイルを送りつけることがあります。(CVE-2009-2625)

この更新は以下のバグも修正します:

* 任意のロールにユーザーを追加すると、予想外の例外が引き起こされました。
(BZ#730712)

* これまでは、jasperreports-server-pro RPM の仕様ファイルの「Release」行に「%{dist}」タグが含まれていました。パッケージやネーミングのガイドラインに適合するために、この更新でタグが「%{?dist}」に変更されました。(BZ#868927)

* 状況によっては、レポートが正しくないエンティティのリストで開かれることがありました。(BZ#842687)

-ji ha 注:jasperreports-server-pro パッケージは、Red Hat Enterprise Virtualization Manager 3.0 の rhevm-reports-server に取って替わります。

ユーザーは、この更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける jasperreports-server-pro パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:1537

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2009-2625

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 78942

ファイル名: redhat-RHSA-2012-1537.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/8

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jasperreports-server-pro, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/12/4

脆弱性公開日: 2009/8/6

参照情報

CVE: CVE-2009-2625

BID: 35958

RHSA: 2012:1537

CWE: 264