RHEL 5:カーネル(RHSA-2013:1860)

medium Nessus プラグイン ID 78990

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティ問題と複数のバグを修正する更新済みのカーネルパッケージが、Red Hat Enterprise Linux 5.9 Extended Updated Support で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* 特定の状況下で Linux カーネルのデバイスマッパーサブシステムがスナップショットブロックデバイスに書き込まれたデータを解釈する方法で、情報漏洩の欠陥が見つかりました。攻撃者が、この欠陥を利用して、通常アクセス可能でない空き領域のディスクブロックからデータを読み込む可能性があります。(CVE-2013-4299、重要度中)

Red Hat は、この問題を報告してくれた富士通に感謝の意を表します。

この更新は以下のバグも修正します:

* カーネルへの以前の修正には、percpu_up_write() 関数の中のメモリバリアが含まれていませんでした。結果として、ある種の状況では、競合状態が発生し、メモリ破損およびその後のカーネルパニックが起こる可能性があります。この更新では、CPU ごとの読み書きセマフォ(percpu-rw-semaphores)のために、新しいメモリバリアのペア(light_mb() および heavy_mb())が導入され、競合状態がもはや発生しなくなります。さらに、「percpu-rw-semaphores」の読み取りパスのパフォーマンスが向上しています。(BZ#884735)

* be2net ドライバーのいくつかの関連するバグのため、ドライバーは Emulex XE201 I/O コントローラーを使用するネットワークカードのファームウェア操作を適切に処理していませんでした。結果として、これらの NIC はエラーからうまく回復することができません。初期化シーケンス、ならびに XE201 コントローラーのファームウェアダウンロードとアクティベーションを修正する一連のパッチが適用されました。Emulex XE201 I/O コントローラーを使用する be2net NIC でエラー回復が期待通りに機能するようになりました。
(BZ#1019892)

* be2net ドライバーのバグにより、VLAN グループの割り当てられていない VLAN タグパケットの処理時に、パケット破損が引き起こされる可能性があります。これが発生したのは、be2net ドライバーが、VLAN タグ再挿入に責任がある関数をコードの誤った順番で呼び出したからでした。現在は、コードが再構築され、be2net ドライバーが __vlan_put_tag() 関数を適切に呼び出し、パケットの破損を回避するようになりました。(BZ#1019893)

* カーネルへの以前のパッチにより、「VLAN タグ再挿入」の回避策が導入されて、be2net ドライバーが乱雑モードの際に VLAN グループが割り当てられていない VLAN タグ付きパケットの処理が正しくない問題が解決されています。しかしながら、このソリューションにより、そうした処理されるパケットが GRO パケットである場合は、パケット破壊および後続のカーネル oops が起こります。このため、GRO でないパケットのみに VLAN タグ再挿入を制限するために、パッチが適用されています。be2net ドライバーが今では、VLAN グループが割り当てられていない VLAN タグ付きパケットを、この状況で正しく処理するようになりました。(BZ#1023347)

カーネルの全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2013:1860

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4299

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 78990

ファイル名: redhat-RHSA-2013-1860.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/8

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 4.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.9

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/12/19

参照情報

CVE: CVE-2013-4299

BID: 63183

RHSA: 2013:1860