RHEL 6:カーネル(RHSA-2014:0520)

critical Nessus プラグイン ID 79021

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

2 つのセキュリティ問題と 1 つのバグを修正する更新済みのカーネルパッケージが、Red Hat Enterprise Linux 6.2 Extended Updated Support で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* SCTP 接続の初期化中に Linux カーネルが認証された COOKIE_ECHO チャンクを処理する方法において、欠陥が検出されました。リモートの攻撃者は、この欠陥を利用して、特別に細工された SCTP ハンドシェイクを起動することによって、システムで NULL ポインターデリファレンスを発生させ、システムをクラッシュする可能性があります。(CVE-2014-0101、重要度高)

* 下層の TTY ドライバーが PTY であった場合、Linux カーネルの N_TTY 回線制御(LDISC)の実装がユーザー空間からの echo 出力や TTY 書き込み操作の同時処理を処理していた方法で、ヒープベースのバッファオーバーフローにつながる競合状態の欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュさせることや、システム上の自分の権限を昇格する可能性があります。(CVE-2014-0196、重要度高)

Red Hat は、CVE-2014-0101 を報告してくれた Nokia Siemens Networks に感謝の意を表します。

この更新では以下のバグも修正されます。

* この更新以前、ゲストから提供された値はホスト上で割り当てられたソケットバッファのヘッドの長さとして使用されました。ホストでメモリが高負荷の状態であり、かつゲストから提供された値が大きすぎる場合、割り当てに失敗し、ゲストの Tx パスにおいてストールおよびパケットのドロップを引き起こす可能性があります。この更新により、ゲストから提供された値が適切なサイズに制限され、ホスト上のメモリ負荷にかかわらずホスト上のソケットバッファ割り当てが成功し、ゲストはパケットのドロップ、またはストールが発生することなくパケットを送信することができます。
(BZ#1092349)

カーネルの全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:0520

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-0101

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-2523

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-0196

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 79021

ファイル名: redhat-RHSA-2014-0520.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/8

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/5/20

脆弱性公開日: 2014/3/11

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2014-0101, CVE-2014-0196, CVE-2014-2523

RHSA: 2014:0520