RHEL 5 / 6 / 7:java-1.7.0-oracle(RHSA-2014:1657)

high Nessus プラグイン ID 79056
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済みの java-1.7.0-oracle パッケージが、Oracle Java for Red Hat Enterprise Linux 5、6 および 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Oracle Java SE バージョン 7 には、Oracle Java Runtime Environment および Oracle Java ソフトウェア開発キットが含まれています。

この更新では、Oracle Java Runtime Environment および Oracle Java ソフトウェア開発キットのいくつかの脆弱性が修正されます。これらの欠陥の詳細については、Oracle Java SE Critical Patch Update アドバイザリページの「参照」セクションを参照してください。
(CVE-2014-4288、CVE-2014-6456、CVE-2014-6457、CVE-2014-6458、CVE-2014-6476、CVE-2014-6492、CVE-2014-6493、CVE-2014-6502、CVE-2014-6503、CVE-2014-6504、CVE-2014-6506、CVE-2014-6511、CVE-2014-6512、CVE-2014-6515、CVE-2014-6517、CVE-2014-6519、CVE-2014-6527、CVE-2014-6531、CVE-2014-6532、CVE-2014-6558)

CVE-2014-6512 の問題は、 Red Hat 製品セキュリティの Florian Weimer によって検出されました。

java-1.7.0-oracle の全ユーザーは、Oracle Java 7 Update 72 が提供されるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。この更新を有効にするには、 Oracle Java の実行中のインスタンスをすべて再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-4288

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6456

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6457

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6458

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6476

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6492

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6493

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6502

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6503

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6504

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6506

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6511

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6512

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6515

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6517

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6519

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6527

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6531

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6532

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6558

http://www.nessus.org/u?3421cbe7

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:1657

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 79056

ファイル名: redhat-RHSA-2014-1657.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/8

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-javafx, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-src, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/16

参照情報

CVE: CVE-2014-4288, CVE-2014-6456, CVE-2014-6457, CVE-2014-6458, CVE-2014-6476, CVE-2014-6492, CVE-2014-6493, CVE-2014-6502, CVE-2014-6503, CVE-2014-6504, CVE-2014-6506, CVE-2014-6511, CVE-2014-6512, CVE-2014-6515, CVE-2014-6517, CVE-2014-6519, CVE-2014-6527, CVE-2014-6531, CVE-2014-6532, CVE-2014-6558

RHSA: 2014:1657