McAfee Email Gateway GNU Bash コード注入(SB10085)(Shellshock)

critical Nessus プラグイン ID 79123

概要

リモートホストは、Shellshock として知られるコードインジェクションの脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているバージョンの McAfee Email Gateway (MEG)は、Shellshock として知られている GNU Bash での、コマンド注入脆弱性の影響を受けます。この脆弱性は、環境変数の値を定義する関数の後の最後の文字列の処理のためです。これにより、リモートの攻撃者が、システムの構成に応じて、環境変数の操作を通じて任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

ベンダーアドバイザリで参照されている、関連するホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10085

http://seclists.org/oss-sec/2014/q3/650

https://www.invisiblethreat.ca/post/shellshock/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 79123

ファイル名: mcafee_email_gateway_SB10085.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2014/11/11

更新日: 2022/1/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-7187

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:email_gateway

必要な KB アイテム: Host/McAfeeSMG/name, Host/McAfeeSMG/version, Host/McAfeeSMG/patches

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/7

脆弱性公開日: 2014/9/24

CISAの既知の悪用日: 2022/7/28

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (CUPS Filter Bash Environment Variable Code Injection (Shellshock))

参照情報

CVE: CVE-2014-6271, CVE-2014-6277, CVE-2014-6278, CVE-2014-7169, CVE-2014-7186, CVE-2014-7187

BID: 70103, 70137, 70152, 70154, 70165, 70166

CERT: 252743

IAVA: 2014-A-0142

EDB-ID: 34765, 34766, 34777

MCAFEE-SB: SB10085