RHEL 4 / 5 / 6:JBoss EAP(RHSA-2014:1834)

medium Nessus プラグイン ID 79205

概要

リモート Red Hat ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

2つのセキュリティ問題を修正する更新済みの Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 5.2.0 パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 4、5、6 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform は Java アプリケーション用のプラットフォームで、JBoss Hibernate および JBoss Seam と JBoss Application Server を統合します。

HttpClient により、X.509 証明書サブジェクトのコモンネーム(CN)フィールドからホスト名が不適切に抽出されることが、見つかりました。中間者攻撃者によってこの欠陥が使用されて、特別に細工された X.509 証明書を使用し、SSL サーバーが偽装されることがありました。(CVE-2012-6153、CVE-2014-3577)

CVE-2012-6153 の問題は、 Red Hat 製品セキュリティの Florian Weimer によって検出されました。

これらの欠陥の詳細については、「参照」セクションの「Knowledge Base」記事を参照してください。

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 5.2.0 および Red Hat Enterprise Linux 4、5、6 の全ユーザーは、これらの更新パッケージにアップグレードすることを推奨します。この更新を有効にするには、 JBoss サーバープロセスを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける apache-cxf パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/solutions/1165533

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:1834

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-6153

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-3577

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79205

ファイル名: redhat-RHSA-2014-1834.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/12

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:apache-cxf, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/11/10

脆弱性公開日: 2014/8/21

参照情報

CVE: CVE-2012-6153, CVE-2014-3577

RHSA: 2014:1834