RHEL 5:rhev-hypervisor(RHSA-2011:1408)

medium Nessus プラグイン ID 79280

概要

リモート Red Hat ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済みの rhev-hypervisor パッケージが、現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

rhev-hypervisor パッケージにより、Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor の ISO ディスクイメージが提供されます。Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor は、専用のカーネルベース仮想マシン(KVM)ハイパーバイザーです。仮想マシンの実行および管理に必要な全ての機能が含まれています:Red Hat Enterprise Linux 操作環境と Red Hat Enterprise Virtualization Agent のサブセット。

注:Red Hat Enterprise Virtualization ハイパーバイザーが使用できるのは、仮想化拡張対応の Intel 64 および AMD64 のアーキテクチャだけです。

RHBA-2011:1254 の更新によって、Linux カーネルのイーサネットブリッジ実装に回帰が導入されました。システムのブリッジにインターフェイスがある場合、ローカルネットワークの攻撃者がそのインターフェイスにパケットを送信し、そのシステムでサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-2942)

Linux カーネルの欠陥により、GRO(Generic Receive Offload)フィールドが一貫性のない状態のままになる可能性があります。ローカルネットワーク上の攻撃者がこの欠陥を利用して、サービス拒否を発生させる可能性があります。デフォルトで、GRO はサポートされる全ネットワークドライバーで有効化されています。
(CVE-2011-2723)

IPv4 とIPv6 のプロトコルシーケンス番号とフラグメント ID の作成により、中間者攻撃者がパケットを注入し、接続をハイジャックする可能性があります。プロトコルシーケンス番号とフラグメント ID が、よりランダムになりました。(CVE-2011-3188)

無差別モードのインターフェイスの非メンバー VLAN(仮想 LAN)パケット処理、ならびに be2net ドライバーの使用により、ローカルネットワークの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-3347)

Red Hat は、CVE-2011-2723 を報告してくれた Brent Meshier 氏、
CVE-2011-3188 を報告してくれた Dan Kaminsky 氏、CVE-2011-3347 を報告してくれた Somnath Kotur 氏に感謝の意を表します。

この更新済みパッケージは、多数のセキュリティ問題の修正を含む更新済みコンポーネントを提供します。しかし、これらの問題による Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor 自体のセキュリティへの影響はありません。

この更新に含まれているセキュリティ修正は、以下の CVE 番号に対処します:

CVE-2011-2695、CVE-2011-2699、CVE-2011-3191、CVE-2011-1833、CVE-2011-2496、CVE-2011-3209、CVE-2011-2484、CVE-2011-3131、CVE-2009-4067、CVE-2011-1160、CVE-2011-1585(カーネルの問題)

CVE-2011-3378(rpm 問題)

Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor のユーザーはこの更新済みパッケージへアップグレードし、この問題を修正する必要があります。

ソリューション

影響を受ける rhev-hypervisor パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-2723

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-2942

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-3188

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-3347

https://access.redhat.com/errata/RHBA-2011:1254

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2011:1408

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79280

ファイル名: redhat-RHSA-2011-1408.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/17

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhev-hypervisor, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/26

脆弱性公開日: 2011/9/6

参照情報

CVE: CVE-2011-2723, CVE-2011-2942, CVE-2011-3188, CVE-2011-3347

BID: 48929, 49289, 50312, 50313

RHSA: 2011:1408