RHEL 6:rhevm(RHSA-2012:0421)

medium Nessus プラグイン ID 79284

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティ問題と多数のバグを修正する更新済みの rhevm パッケージが、現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

Red Hat Enterprise Virtualization Manager は、Red Hat Enterprise Linux および Microsoft Windows を実行している仮想マシンの収集を一元的に管理するためのビジュアルツールです。これらのパッケージには、Red Hat Enterprise Virtualization Manager REST(Representational State Transfer)の API も含まれています。これは、Red Hat Enterprise Virtualization Manager で、管理者がクエリと操作を行うことができるようにするための、スクリプト可能な一連のコマンドです。

RESTEasy が XML 外部エンティティ(XXE)攻撃に対して脆弱であることが判明しました。Red Hat Enterprise Virtualization Manager REST API にアクセスできるリモートの攻撃者が、ある外部 XML エンティティを含むリクエストを RESTEasy エンドポイントに送信すると、そのエンティティが判明する場合があります。これにより、攻撃者は、アプリケーションサーバーを実行しているユーザーにアクセス可能なファイルを読み取る可能性があります。この欠陥は、DOM(ドキュメントオブジェクトモデル)ドキュメントおよび JAXB(XML バインディング向け Java アーキテクチャ)の入力に影響を与えていました。(CVE-2012-0818)

この更新は以下のバグも修正します:

* これまで、REST API は「Accept」ヘッダーを無視していました。このため、ホストやディスクなどの、特定の sub-collections に関する詳細な情報を取り出すことができなくなっていました。REST API は更新されており、当初に意図したとおりに「Accept」ヘッダーを処理するようになりました。
(BZ#771369)

* 仮想マシンの「start_time」プロパティは、これまで絶えず設定されていました。
つまり、停止された仮想マシンでも、「start_time」の値を保持していました。更新により、「start_time」プロパティは、仮想マシンが起動されるときおよび実行中に限定して、確実に設定されるようになりました。(BZ#772975)

* これまで、「rhevm-setup」スクリプトは、ロケールが「en_US.UTF-8」、「en_US.utf-8」、または「en_US.utf8」に設定されたシステムでのみ、正常に動作していました。スクリプトは、「ja_JP.UTF-8」などのその他のロケールでも正常に動作するように、更新されています。
(BZ#784860)

* これまで、REST API は、電源管理を有効にする際に、必要なパラメーターがすべて指定されていることを検証していませんでした。返される応答コードは、必須パラメーターが指定されていない操作を成功したとして、間違って示す場合もありました。更新により、電源管理のパラメーターが確実に正しく検証されるようになりました。(BZ#785744)

* これまで、ホストでディスクの空き容量が少ない場合、警告もエラーも発行されませんでした。ホストでディスクの空き容量がなくなると、事前の警告なく反応しなくなる場合がありました。更新により、ホストのディスクの空き容量が 1000 MB 以下の場合に警告を、500 MB 以下の場合にエラーを、監査ログにそれぞれ報告するようになりました。(BZ#786132)

* ネットワークインターフェイスカードと既存の仮想マシンで、それぞれの MAC アドレスが衝突する場合、仮想マシンをインポートする際に、通知が提示されませんでした。現在これが発生すると、手動での対応が必要であることを強調するメッセージが監査ログに記入されます。
(BZ#795416)

* これまで、rhevm-config ツールを使用することで、SpiceSecureChannels には、1 つの値しか設定できませんでした。つまり、すべての SPICE チャネルを暗号化できなかったことになります。rhevm-config ツールは更新されており、SPICE チャネルを SpiceSecureChannels の構成キーに追加することで、すべて暗号化できるようになりました。(BZ#784012)

Red Hat Enterprise Virtualization の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージにアップグレードして、この脆弱性に対応し、これらのバグを修正することが推奨されます。この更新のインストールについては、「ソリューション」セクションを参照してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e4ac23ee

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:0421

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-0818

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-5245

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79284

ファイル名: redhat-RHSA-2012-0421.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/17

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.2

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:U/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-backend, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-config, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-dbscripts, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-genericapi, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-iso-uploader, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-jboss-deps, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-log-collector, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-notification-service, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-restapi, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-setup, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-tools-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-userportal, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhevm-webadmin-portal, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/3/26

脆弱性公開日: 2012/11/23

参照情報

CVE: CVE-2011-5245, CVE-2012-0818

BID: 51748, 51766

RHSA: 2012:0421