Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:curl(MDVSA-2014:213)

medium Nessus プラグイン ID 79321

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新した curl パッケージは、セキュリティの脆弱性を修正します。

Symeon Paraschoudis 氏が、cURL の curl_easy_duphandle() 関数にバグがあり、これによって libcurl が、送信の意図がない機密データを最終的に送信し、その一方で HTTP POST 操作を実行することがあることを、見つけました。このバグは CURLOPT_COPYPOSTFIELDS および curl_easy_duphandle() をこの順番で使用する必要があり、HTTP POST を実行するために重複ハンドルを使用する必要があります。curl コマンドラインツールは、このシーケンスを使用しないため、この問題の影響を受けません(CVE-2014-3707)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0444.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79321

ファイル名: mandriva_MDVSA-2014-213.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2014/11/19

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:curl, p-cpe:/a:mandriva:linux:curl-examples, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64curl-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64curl4, cpe:/o:mandriva:business_server:1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/11/18

参照情報

CVE: CVE-2014-3707

BID: 70988

MDVSA: 2014:213