openSUSE セキュリティ更新:flash-player (openSUSE-SU-2014:1444-1)

critical Nessus プラグイン ID 79324

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

flash-player は、18 のセキュリティ問題を修正するバージョン 11.2.202.418 に更新されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- コードの実行につながることがあるメモリ破損脆弱性(CVE-2014-0576、CVE-2014-0581、 CVE-2014-8440、CVE-2014-8441)。

- コードの実行を引き起こす可能性がある use-after-free 脆弱性(CVE-2014-0573、CVE-2014-0588、CVE-2014-8438)。

- コードの実行を引き起こす可能性がある二重解放脆弱性(CVE-2014-0574)。

- コードの実行を引き起こす可能性がある、型の取り違え(type confusion)脆弱性(CVE-2014-0577、CVE-2014-0584、CVE-2014-0585、CVE-2014-0586、CVE-2014-0590)。

- コードの実行につながることがあるヒープバッファオーバーフロー脆弱性(CVE-2014-0582、CVE-2014-0589)。

- セッショントークンを漏洩するために悪用される可能性がある情報漏洩脆弱性(CVE-2014-8437)。

- 整合性レベル低から中への権限昇格を行うために悪用される可能性がある、ヒープバッファオーバーフロー脆弱性(CVE-2014-0583)。

- 整合性レベルが低から中の権限昇格を実行するために悪用可能な権限の問題(CVE-2014-8442)。

ソリューション

影響を受けるフラッシュプレイヤーパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=905032

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2014-11/msg00071.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 79324

ファイル名: openSUSE-2014-683.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/11/19

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:flash-player, p-cpe:/a:novell:opensuse:flash-player-gnome, p-cpe:/a:novell:opensuse:flash-player-kde4, cpe:/o:novell:opensuse:12.3, cpe:/o:novell:opensuse:13.1, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/11/13

エクスプロイト可能

Metasploit (Adobe Flash Player UncompressViaZlibVariant Uninitialized Memory)

参照情報

CVE: CVE-2014-0573, CVE-2014-0574, CVE-2014-0576, CVE-2014-0577, CVE-2014-0581, CVE-2014-0582, CVE-2014-0583, CVE-2014-0584, CVE-2014-0585, CVE-2014-0586, CVE-2014-0588, CVE-2014-0589, CVE-2014-0590, CVE-2014-8437, CVE-2014-8438, CVE-2014-8440, CVE-2014-8441, CVE-2014-8442