OracleVM 3.1:xen (OVMSA-2012-0046)

high Nessus プラグイン ID 79485

概要

リモート OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新が欠落しています。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- Xen セキュリティアドバイザリ CVE-2012-4411 / XSA-19 バージョン 2 のゲスト管理者が、qemu モニターコンソールにアクセスできますデフォルトで、qemu モニターは無効です。qemu モニターは過度に強力な機能であり、信頼できない(ゲスト)管理者から保護する必要があります。(CVE-2012-4411)

- xm create vcpu_avail が XMLRPC int limits を超えるのを修正します。maxvcpus = vcpus = 40(1<<40 -1)の場合、XMLRPC int limit を超えます。str へ変更すると機能します。そのあと、xend 側で、元の int に変換されます。(CVE-2012-3515)

ソリューション

影響を受ける xen / xen-devel / xen-tools パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?fdeedcb2

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 79485

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2012-0046.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2014/11/26

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:xen, p-cpe:/a:oracle:vm:xen-devel, p-cpe:/a:oracle:vm:xen-tools, cpe:/o:oracle:vm_server:3.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2012/10/22

脆弱性公開日: 2012/11/23

参照情報

CVE: CVE-2012-3515, CVE-2012-4411

BID: 55413, 55442