OracleVM 3.1:kernel-uek (OVMSA-2013-0010)

medium Nessus プラグイン ID 79499

概要

リモート OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新が欠落しています。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- xen-pciback:xen_pcibk_enable_msi[,x] からの速度制限エラーメッセージ(Jan Beulich 氏)[Orabug:
16243736](CVE-2013-0231)

- Xen:32 ビット PVOPS ゲスト向けの xen_failsafe_callback でのスタック破損が修正されます。(Frediano Ziglio 氏)[Orabug:16274171](CVE-2013-0190)

- netback:ラップアラウンドを処理するために netbk_tx_err が修正されます。
(Ian Campbell 氏)[Orabug:16243309](CVE-2013-0216 CVE-2013-0217)

- xen/netback:xen_netbk_get_requests での失敗時に、すでに割り当てられているメモリが解放されます(Ian Campbell 氏)[Orabug:16243309](CVE-2013-0216 CVE-2013-0217)

- xen/netback:xen_netbk_tx_check_gop のエラーでページを漏洩しません。(Ian Campbell 氏)[Orabug:
16243309](CVE-2013-0216 CVE-2013-0217)

- xen/netback:ガベージを含んでいる場合は、リングをシャットダウンします。
(Ian Campbell 氏)[Orabug:16243309](CVE-2013-0216 CVE-2013-0217)

- e1000e:TX ハングアップでの不適切なチェックが回避されます(Jeff Kirsher 氏)[Orabug:15834316]

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?5d1ed3fc

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79499

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2013-0010.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2014/11/26

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.2

Temporal Score: 4.5

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:S/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/2/7

脆弱性公開日: 2013/2/12

参照情報

CVE: CVE-2013-0190, CVE-2013-0216, CVE-2013-0217, CVE-2013-0231

BID: 57433, 57740, 57743, 57744