OracleVM 3.1:xen (OVMSA-2013-0041)

high Nessus プラグイン ID 79509

概要

リモート OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新が欠落しています。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- libxc:vcpu アフィニティ設定時に cpu 値が制限されます。 64 を超える cpu のピニングのサポートが追加されていた場合、 cpu の領域外の値のチェックが削除されました。これは、 cpu 番号が実際のカウントよりも大きい場合に、その後の領域外 cpumap 配列へのアクセスの原因になる可能性があります。
このパッチはチェックを返します。これは CVE-2013-2072 / XSA-56(CVE-2013-2072)です

ソリューション

影響を受ける xen / xen-devel / xen-tools パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2013-May/000152.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 79509

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2013-0041.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2014/11/26

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.4

Temporal Score: 6.4

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:xen, p-cpe:/a:oracle:vm:xen-devel, p-cpe:/a:oracle:vm:xen-tools, cpe:/o:oracle:vm_server:3.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/5/17

脆弱性公開日: 2013/8/28

参照情報

CVE: CVE-2013-2072

BID: 59982