OracleVM 3.3:libXfont(OVMSA-2014-0080)

high Nessus プラグイン ID 79557

概要

リモートの OracleVM ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- CVE-2014-0209:フォントメタデータファイル解析での割り当ての整数オーバーフロー(バグ 1163602、バグ 1163601)

- CVE-2014-0210:xfs プロトコル応答を解析するときの検証されない長さフィールド(バグ 1163602、バグ 1163601)

- CVE-2014-0211:xfs 応答を必要とするメモリ計算の整数オーバーフロー(バグ 1163602、バグ 1163601)

- CVE-2013-6462.patch:sscanf のオーバーフロー(バグ 1049684)

- sscanf-hardening.patch:その他のいくつかの sscanf 強化修正(1049684)

ソリューション

影響を受ける libXfont パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?cfbd88e1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 79557

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2014-0080.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2014/11/26

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:libXfont, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/11/24

脆弱性公開日: 2014/1/9

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2013-6462, CVE-2014-0209, CVE-2014-0210, CVE-2014-0211

BID: 64694, 67382