Cisco Unified Communications Manager の詳細不明な SQL インジェクション(CSCup88089)

medium Nessus プラグイン ID 79668

概要

リモートホストは、SQL インジェクションの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Cisco Unified Communications Manager のバージョンは、管理 Web インターフェイスへのユーザー指定入力を適切にサニタイズしないために、詳細不明な SQL インジェクションの脆弱性の影響を受けます。このため、認証されたリモートの攻撃者が、影響を受けたアプリケーションがアクセスできる情報を取得する可能性があります。

ソリューション

解決策の詳細についてはベンダーとご相談ください。

関連情報

https://tools.cisco.com/security/center/viewAlert.x?alertId=36293

http://www.nessus.org/u?d80f3d5f

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79668

ファイル名: cisco_cucm_CSCup88089.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2014/12/2

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-3366

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:unified_communications_manager

必要な KB アイテム: Host/Cisco/CUCM/Version_Display

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/10/30

脆弱性公開日: 2014/10/30

参照情報

CVE: CVE-2014-3366

BID: 70855

CISCO-BUG-ID: CSCup88089