RHEL 5 / 6:thunderbird(RHSA-2014:1924)

medium Nessus プラグイン ID 79683

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済み thunderbird パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5、6、および 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Mozilla Thunderbird はスタンドアロンのメールおよびニュースグループクライアントです。

不正な形式の Web コンテンツの処理に様々な欠陥が見つかりました。悪意あるコンテンツを含む Web ページにより、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードが実行されたりする可能性があります。(CVE-2014-1587、CVE-2014-1590、CVE-2014-1592、 CVE-2014-1593)

Alarm API に欠陥が見つかりました。これにより、アプリケーションは、操作を今後実行するスケジュールを設定できる場合があります。悪意のある Web アプリケーションがこの欠陥を利用して、同一生成元ポリシーをバイパスする可能性があります。(CVE-2014-1594)

注:メールメッセージに対して JavaScript がデフォルトで無効になっているため、上述した問題のすべては、特別に細工された HTML メールメッセージにより悪用されません。RSS フィードのリモートコンテンツ全体を表示するときなど、Thunderbird でこれらを別の方法で悪用することが可能です。

この更新では、Thunderbird におけるデフォルトでの SSL 3.0 サポートが無効になります。
SSL 3.0 サポートを再度有効にする方法については、以下を参照してください:
https://access.redhat.com/articles/1284233

Red Hat は、Mozilla プロジェクトがこれらの問題を報告してくれたことに感謝の意を表します。Upstream は、Gary Kwong 氏、Randell Jesup 氏、Nils Ohlmeier 氏、Jesse Ruderman 氏、Max Jonas Werner 氏、Joe Vennix 氏、 Berend-Jan Wever 氏、Abhishek Arya 氏および Boris Zbarsky 氏を、これらの問題の最初の報告者として承認します。

これらの欠陥の技術的な詳細については、Thunderbird 31.3.0 向けの Mozilla セキュリティアドバイザリを参照してください。Mozilla アドバイザリへのリンクは、このエラータの「参照」セクションにあります。

Thunderbird の全ユーザーは、Thunderbird バージョン 31.3.0 が含まれるこの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正する必要があります。
この更新を有効にするには、更新をインストールした後、Thunderbird を再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける thunderbird および/または thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?333aa168

https://access.redhat.com/articles/1284233

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:1924

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-1590

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-1593

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-1592

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-1587

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-1594

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79683

ファイル名: redhat-RHSA-2014-1924.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/12/3

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/12/2

脆弱性公開日: 2014/12/11

参照情報

CVE: CVE-2014-1587, CVE-2014-1590, CVE-2014-1592, CVE-2014-1593, CVE-2014-1594

BID: 71391, 71395, 71396, 71397, 71398

RHSA: 2014:1924