Shellshock による CUPS リモートコマンドの実行

critical Nessus プラグイン ID 79804

概要

リモートプリンターサービスは、Shellshock を介したリモートコマンド実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストは、Web ベースのインターフェイスを有効にして CUPS を実行しているようです。リモートの攻撃者が、CUPS を悪用して、プリンターの作成または変更中に、細工されたフィールドで任意のコマンドを実行する可能性があります。「PRINTER_INFO」と「PRINTER_LOCATION」のフィールドを、任意のコマンドを含めるように構成することができます。これらのコマンドは、リモートホストが Bash の脆弱なバージョンを実行している場合に、印刷ジョブが送信されると実行されます。

このプラグインは、ユーザー指定の認証情報を使用することで、この欠陥を悪用し、CUPS サーバーにアクセスしてプリンターを作成し、印刷リクエストを送信しようとします。

ソリューション

言及した Bash パッチを適用してください。

関連情報

http://seclists.org/oss-sec/2014/q3/650

http://www.nessus.org/u?dacf7829

https://www.invisiblethreat.ca/post/shellshock/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 79804

ファイル名: cups_bash_rce.nbin

バージョン: 1.74

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2014/12/8

更新日: 2022/8/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-7169

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apple:cups, cpe:/a:gnu:bash

必要な KB アイテム: www/cups

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/9/26

脆弱性公開日: 2014/9/24

CISAの既知の悪用日: 2022/7/28

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Qmail SMTP Bash Environment Variable Injection (Shellshock))

参照情報

CVE: CVE-2014-6271, CVE-2014-7169

BID: 70103, 70137

CERT: 252743

EDB-ID: 34765, 34766, 34777

IAVA: 2014-A-0142