CentOS 5/6:rpm(CESA-2014:1974)

high Nessus プラグイン ID 79843

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 件のセキュリティ問題を修正する rpm パッケージの更新が、 Red Hat Enterprise Linux 5 および 6 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

RPM Package Manager(RPM)は、強力なコマンドライン駆動パッケージ管理システムで、ソフトウェアパッケージのインストール、アンインストール、検証、クエリ、更新が可能です。各ソフトウェアパッケージは、バージョンや説明などのパッケージに関する情報に沿ったファイルのアーカイブで構成されています。

RPM がファイルコンテンツを一時的な名前でターゲットインストールディレクトリに書き込み、一時ファイルが完全に書き込まれた後にしかその暗号署名を検証しないことがわかりました。
特定の条件下で、システムは未検証の一時ファイルコンテンツを解釈し、そこからコマンドを抽出します。これにより、パッケージのインストール中に攻撃者が自身が選んだコードを実行するという方法で、攻撃者が署名付きの RPM ファイルを改ざんすることが可能です。
(CVE-2013-6435)

この問題は、Red Hat 製品セキュリティの Florian Weimer 氏により発見されました。

すべての rpm ユーザーは、これらの更新パッケージにアップグレードすることが推奨されます。これには、この問題を修正するバックポートされたパッチが含まれます。更新内容を有効にするには、 RPM ライブラリに対してリンクされた実行アプリケーションを全て再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける rpm パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2f2542f3

http://www.nessus.org/u?eb07d648

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 79843

ファイル名: centos_RHSA-2014-1974.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/12/10

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2013-6435

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:popt, p-cpe:/a:centos:centos:rpm, p-cpe:/a:centos:centos:rpm-apidocs, p-cpe:/a:centos:centos:rpm-build, p-cpe:/a:centos:centos:rpm-cron, p-cpe:/a:centos:centos:rpm-devel, p-cpe:/a:centos:centos:rpm-libs, p-cpe:/a:centos:centos:rpm-python, cpe:/o:centos:centos:5, cpe:/o:centos:centos:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/12/9

脆弱性公開日: 2014/12/16

参照情報

CVE: CVE-2013-6435

BID: 71558

RHSA: 2014:1974