ESXi 5.1 < ビルド 2323236 サードパーティライブラリの複数の脆弱性(リモートチェック)(BEAST)

medium Nessus プラグイン ID 79862
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 4.2

概要

リモート VMware ESXi 5.1 ホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート VMware ESXi ホストは、バージョン 5.1 のビルド 2323236 より前です。このため、これはバンドルされたサードパーティライブラリで、以下の脆弱性による影響を受けます:

- バンドルされた Python ライブラリに複数の脆弱性が存在します。(CVE-2011-3389、 CVE-2012-0845、CVE-2012-0876、CVE-2012-1150、 CVE-2013-1752、CVE-2013-4238)

- バンドルされた GNU C ライブラリ(glibc)に複数の脆弱性が存在します。(CVE-2013-0242、 CVE-2013-1914、CVE-2013-4332)

- バンドルされた XML Parser ライブラリ(libxml2)に複数の脆弱性が存在します。(CVE-2013-2877、CVE-2014-0191)

- バンドルされた cURL ライブラリ(libcurl)に複数の脆弱性が存在します。(CVE-2014-0015、CVE-2014-0138)

ソリューション

ESXi 5.1 用のパッチ ESXi510-201412101-SG を適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?5994bfcf

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2014-0008.html

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2014-0012.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 79862

ファイル名: vmware_esxi_5_1_build_2323236_remote.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2014/12/12

更新日: 2019/9/24

依存関係: vmware_vsphere_detect.nbin

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 4.2

CVSS v2.0

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi

必要な KB アイテム: Host/VMware/version, Host/VMware/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/12/4

脆弱性公開日: 2011/8/31

参照情報

CVE: CVE-2011-3389, CVE-2012-0845, CVE-2012-0876, CVE-2012-1150, CVE-2013-0242, CVE-2013-1752, CVE-2013-1914, CVE-2013-2877, CVE-2013-4238, CVE-2013-4332, CVE-2014-0015, CVE-2014-0138, CVE-2014-0191

BID: 49778, 51239, 51996, 52379, 57638, 58839, 61050, 61738, 62324, 63804, 65270, 66457, 67233