Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x、SL7.x i386/x86_64 の mailx

high Nessus プラグイン ID 80075

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

mailx が E メールアドレスの解析を処理する方法に欠陥が見つかりました。構文的に有効な E メールアドレスにより、ローカルの攻撃者が、シェルのメタ文字および直接コマンド実行機能を通じて mailx に任意のシェルコマンドを実行させる可能性があります。
(CVE-2004-2771、CVE-2014-7844)

注:mailx を使用して E メールを信頼できないソースから取得されたアドレスに送信するアプリケーションは、「-」で始まる E メールアドレスを受け入れる場合、他の攻撃に対して脆弱なままです(mailx オプションで混乱させられる可能性があります)。この問題に対処するために、この更新では、「--」オプションも導入しています。これは、残りのコマンドライン引数を E メールアドレスとして取り扱います。

ソリューション

影響を受ける mailx および/または mailx-debuginfo のパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a2f605e6

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 80075

ファイル名: sl_20141216_mailx_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/12/17

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mailx, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mailx-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2014/12/16

脆弱性公開日: 2014/12/24

参照情報

CVE: CVE-2004-2771, CVE-2014-7844