SuSE 11.3 セキュリティ更新:bind(SAT パッチ番号 10100)

high Nessus プラグイン ID 80389

概要

リモート SuSE 11 ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

bind がバージョン 9.9.6P1 に更新され、以下のセキュリティ問題が修正されています:

- 委譲処理での欠陥が悪用され、named が無限ループに配置される可能性があります。これは、named が許可する再帰レベルの数(デフォルト 7)と、再帰クエリの終了前に named が送信する反復クエリの数(デフォルト 50)に制限を設けることで対処されました。(CVE-2014-8500、bnc#908994)

- 再帰の深さ制限は「max-recursion-depth」オプションを通じて、クエリ制限は「max-recursion-queries」オプションを通じて構成されます。さらに、2 つのセキュリティ以外の問題が修正されました:

- IXFR にあるマルチスレッドの問題を修正します。(bnc#882511)

- ldapdump の TXT レコードの処理を修正します。(bnc#743758)

ソリューション

SAT パッチ番号 10100 を適用してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=743758

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=882511

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=908994

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2014-8500.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 80389

ファイル名: suse_11_bind-141217.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/1/6

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:bind, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:bind-chrootenv, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:bind-doc, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:bind-libs, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:bind-libs-32bit, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:bind-utils, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2014/12/17

参照情報

CVE: CVE-2014-8500