Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:krb5(MDVSA-2015:009)

low Nessus プラグイン ID 80428

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

更新 krb5 パッケージは、セキュリティの脆弱性を修正します。

MIT krb5 で、kadmind が KDC データベースの LDAP を使用するように設定されている場合、認証されたリモートの攻撃者が、プリンシパル用のパスワードポリシーとして名前付きチケットポリシーオブジェクトを使用することを試みることにより、NULL デリファレンスを引き起こす可能性があります。攻撃者は、プリンシパルを追加または変更してパスワードポリシーを設定できる昇格した権限を持つユーザーとして認証を受ける必要があります(CVE-2014-5353)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://advisories.mageia.org/MGASA-2014-0536.html

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 80428

ファイル名: mandriva_MDVSA-2015-009.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2015/1/9

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-pkinit-openssl, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-server, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-server-ldap, p-cpe:/a:mandriva:linux:krb5-workstation, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64krb53, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64krb53-devel, cpe:/o:mandriva:business_server:1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/8

参照情報

CVE: CVE-2014-5353

BID: 71679

MDVSA: 2015:009