OracleVM 3.3:glibc (OVMSA-2015-0003)

medium Nessus プラグイン ID 80439
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新が欠落しています。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- 再帰 dlopen を修正します(#1173469)。

- res_send および res_query の入力ミスを修正します(#rh1172023)。

- IBM gconv モジュールの無効な入力におけるクラッシュを修正します(CVE-2014-6040、#1139571)。

- WRDE_NOCMD を反映するために wordexp を修正します(CVE-2014-7817、#1170121)。

ソリューション

影響を受ける glibc / glibc-common / nscd パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2033fa93

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 80439

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2015-0003.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

公開日: 2015/1/9

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:glibc, p-cpe:/a:oracle:vm:glibc-common, p-cpe:/a:oracle:vm:nscd, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/8

脆弱性公開日: 2014/11/24

参照情報

CVE: CVE-2014-6040, CVE-2014-7817

BID: 69472, 71216