Mozilla Thunderbird < 31.4 の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 80524

概要

リモートのWindowsホストに、複数の脆弱性の影響を受けるメールクライアントがあります。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされている Thunderbird は、31.4 より前のバージョンです。したがって、次の脆弱性の影響を受けます。

- Multiple unspecified memory safety issues exist within the browser engine. (CVE-2014-8634, CVE-2014-8635)

- 「navigator.sendBeacon()」に、クロスオリジンリソースの共有の仕様に従っていない欠陥が存在します。このため、「sendBeacon()」からのリクエストは、「origin」ヘッダーがないものになります。This allows malicious sites to perform XSRF attacks. (CVE-2014-8638)

- 407 プロキシ認証の応答を、「set-cookie」ヘッダーと共に受信する際、欠陥が存在します。This can allow a session-fixation attack. (CVE-2014-8639)

ソリューション

Thunderbird 31.4または以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2015-01/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2015-03/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2015-04/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 80524

ファイル名: mozilla_thunderbird_31_4.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2015/1/14

更新日: 2019/11/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2014-8635

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:thunderbird

必要な KB アイテム: Mozilla/Thunderbird/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/13

脆弱性公開日: 2015/1/13

参照情報

CVE: CVE-2014-8634, CVE-2014-8635, CVE-2014-8638, CVE-2014-8639

BID: 72046, 72047, 72049, 72050

CWE: 20, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 74, 750, 751, 79, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990