Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:gnome(cve_2007_4460_symlink_attack)

high Nessus プラグイン ID 80625

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- id3lib (aka libid3) 3.8.3 中の itag_file.cpp のRenderV2ToFile 関数は、タグ付けされているファイルの名前から名前を作成されたテンポラリファイル上のシンボリックリンク攻撃を介して、ローカルユーザーが任意のファイルを上書きする可能性があります。(CVE-2007-4460)

- 0.22.1 より前の poppler は、(1) splash/Splash.cc、(2) poppler/Function.cc と (3) poppler/Stream.cc で「無効なメモリアクセス」を引き起こすベクトルを介して、コンテキスト依存の攻撃者が、サービス拒否(クラッシュ)を起こして任意のコードを実行することを可能にします。
(CVE-2013-1788)

- 0.22.1 より前の poppler の splash/Splash.cc は、(1) Splash::arbitraryTransformMask、(2) Splash::blitMask と (3) Splash::scaleMaskYuXu 関数に関連するベクトルを介してコンテキスト依存の攻撃者が、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスとクラッシュ)を引き起こすことを可能にします。(CVE-2013-1789)

- 0.22.1 より前の poppler/Stream.cc は、 CCITTFaxStream::lookChar 関数による初期化されていないメモリの読み取りを引き起こすベクトルを介して、コンテキスト依存の攻撃者が、特定できない影響を引き起こすことを可能にします。
(CVE-2013-1790)

ソリューション

Solaris 11.1.10.5.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?970742a4

http://www.nessus.org/u?b9b3af73

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 80625

ファイル名: solaris11_gnome_20130924.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.1, p-cpe:/a:oracle:solaris:gnome

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2013/9/24

参照情報

CVE: CVE-2007-4460, CVE-2013-1788, CVE-2013-1789, CVE-2013-1790