Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:perl-58(cve_2012_6329_code_injection1)

high Nessus プラグイン ID 80730

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- 5.17.7 より前の Perl での Locale::Maketext 実装における Maketext.pm の _compile 関数が、角かっこ表記のコンパイル中にバックスラッシュと完全修飾メソッド名を適切に処理しません。これにより、コンテキスト依存の攻撃者は、ユーザーからの変換文字列を受け入れるアプリケーションへの細工された入力を通じて、任意のコマンドを実行することが可能です。これは 5.1.3 より前の TWiki アプリケーションと 1.0.x ~ 1.0.10 および 1.1.x ~ 1.1.6 の Foswiki アプリケーションによって実証されています。(CVE-2012-6329)

ソリューション

Solaris 11.1.7.5.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?7f277a95

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 80730

ファイル名: solaris11_perl-58_20130716.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.1, p-cpe:/a:oracle:solaris:perl-58

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/7/16

エクスプロイト可能

Metasploit (TWiki MAKETEXT Remote Command Execution)

Elliot (TWiki 5.1.2 RCE)

参照情報

CVE: CVE-2012-6329