Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:php(cve_2013_4248_input_validation)

high Nessus プラグイン ID 80737
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

PHP 5.4.18 以前および 5.5.2 以前の 5.5.x の OpenSSL モジュール内の openssl.c の openssl_x509_parse 関数が、X.509 証明書の Subject Alternative Name フィールドのドメイン名の中の「\0」文字を適切に処理せず、これによって中間者攻撃者が、正当な証明機関が発行した細工された証明書を介して、任意の SSL サーバーになりすますことが可能です。これは CVE-2009-2408 に関連する問題です。
(CVE-2013-4248)

- PHP 5.3.28 以前、5.4.23 以前の 5.4.x、5.5.7 以前の 5.5.x における ext/openssl/openssl.c の asn1_time_to_time_t 関数は、X.509 証明書の (1) notBefore および (2) notAfter タイムスタンプを適切に解析しません。これにより、リモートの攻撃者は、openssl_x509_parse 関数によって適切に処理されない特別に細工された証明書から、任意のコードを実行することや、サービス拒否(メモリ破損)を引き起こすことができます。
(CVE-2013-6420)

- PHP 5.5.6 までの ext/date/lib/parse_iso_intervals.c の scan 関数は、DateInterval オブジェクトの作成を適切に制限しません。これにより、リモートの攻撃者は細工された時間間隔仕様からサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーリード)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-6712)

- 5.17 以前の Fine Free ファイルにより、コンテキスト依存の攻撃者は、ファイルの magic において細工された間接オフセット値から、サービス拒否(無限再帰、CPU 消費、およびクラッシュ)を引き起こすことができます。
(CVE-2014-1943)

- 5.17 以前のファイルにおける softmagic.c および libmagic により、コンテキスト依存の攻撃者は、PE 実行可能ファイルの softmagic において細工されたオフセットから、サービス拒否(領域外メモリアクセスおよびクラッシュ)を引き起こすことができます。
(CVE-2014-2270)

ソリューション

Solaris 11.1.19.6.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?f6e0c4fe

http://www.nessus.org/u?864416ed

https://blogs.oracle.com/sunsecurity/cve-2014-2270-buffer-errors-vulnerability-in-php

http://www.nessus.org/u?90294d9b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 80737

ファイル名: solaris11_php_20140522.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.1, p-cpe:/a:oracle:solaris:php

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2014/5/22

参照情報

CVE: CVE-2013-4248, CVE-2013-6420, CVE-2013-6712, CVE-2014-1943, CVE-2014-2270