Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:py_pil(multiple_vulnerabilities_in_python_image)

medium Nessus プラグイン ID 80746

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- 1.1.7 以前の Python Image Library(PIL)および 2.3.1 以前の Pillow の (1) JpegImagePlugin.py の load_djpeg 関数、(2) EpsImagePlugin.py の Ghostscript 関数、(3) IptcImagePlugin.py のロード関数、および (4) Image.py の _copy 関数は、一時ファイルを適切に作成しません。これにより、ローカルのユーザーが、一時ファイルのシンボリックリンク攻撃を介して、任意のファイルを上書きしたり、機密情報を取得したりする可能性があります。(CVE-2014-1932)

- 1.1.7 以前の Python Image Library(PIL)および 2.3.1 より前の Pillow の (1) JpegImagePlugin.py および (2) EpsImagePlugin.py スクリプトは、コマンドラインにおいて一時ファイルの名前を使用しています。これにより、ローカルのユーザーが、プロセスを一覧表示することでシンボリック攻撃を行いやすくなります。(CVE-2014-1933)

ソリューション

Solaris 11.2 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?3e632c5c

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 80746

ファイル名: solaris11_py_pil_20140731.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.2, p-cpe:/a:oracle:solaris:py_pil

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2014/7/31

参照情報

CVE: CVE-2014-1932, CVE-2014-1933