Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:ruby(multiple_vulnerabilities_in_ruby1)

medium Nessus プラグイン ID 80757

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- Ruby 1.8、1.9.3-p484 より前の Ruby 1.9、 2.0.0-p353 より前の Ruby 2.0、および 2.1.0 preview2 より前の Ruby 2.1、そしてリビジョン 43780 より前の trunk における、ヒープベースのバッファオーバーフローにより、コンテキスト依存の攻撃者が、サービス拒否(セグメンテーション違反)を引き起こしたり、浮動小数点値に変換される文字列で任意のコードを実行したりする可能性があります。このことは、(1)to_f メソッドまたは(2)JSON.parse を使用することにより実証されています。(CVE-2013-4164)

- 1.9.0 から 2.0.0p247 までの Ruby で使用されている、 1.8.23.1 より前の RubyGems、1.8.24 から 1.8.25 までの RubyGems、 2.0.8 より前の RubyGems 2.0.x、および 2.1.0 より前の RubyGems 2.1.x において、 lib/rubygems/version.rb の Gem::Version::VERSION_PATTERN にあるアルゴリズムの複雑さの脆弱性により、リモートの攻撃者が、正規表現で大量なバックトラッキングを発生させるように細工された gem バージョンでサービス拒否(CPU 消費)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-4287)

- Ruby 1.9.0 から 2.0.0p247 で使用されている、1.8.23.2 より前、1.8.24 から 1.8.26、2.0.10 より前の 2.0.x および 2.1.5 より前の 2.1.x の RubyGems の lib/rubygems/version.rb の Gem::Version::ANCHORED_VERSION_PATTERN のアルゴリズム複雑性の脆弱性により、リモートの攻撃者が、細工された gem バージョンでサービス拒否(CPU 消費)を引き起こし、正規表現の大量のバックトラックを発生させる可能性があります。注:この問題は、CVE-2013-4287 の修正が不完全であるため存在しています。(CVE-2013-4363)

ソリューション

Solaris 11.1.15.4.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?cee1e109

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 80757

ファイル名: solaris11_ruby_20140114.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.1, p-cpe:/a:oracle:solaris:ruby

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2014/1/14

参照情報

CVE: CVE-2013-4164, CVE-2013-4287, CVE-2013-4363