Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:samba(cve_2014_0178_information_disclosure)

low Nessus プラグイン ID 80768

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- 3.6.6 から 3.6.23 までの Samba、4.0.18 より前の Samba 4.0.x、および 4.1.8 より前の Samba 4.1.x は、特定の vfs シャドウコピー構成が有効な場合、SRV_SNAPSHOT_ARRAY 応答フィールドを適切に初期化しません。これにより、認証されたリモートのユーザーが、(1) FSCTL_GET_SHADOW_COPY_DATA または (2) FSCTL_SRV_ENUMERATE_SNAPSHOTS リクエストを通じて、プロセスメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2014-0178)

ソリューション

Solaris 11.2.2.5.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?157fe776

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 80768

ファイル名: solaris11_samba_20140915.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.2, p-cpe:/a:oracle:solaris:samba

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2014/9/15

参照情報

CVE: CVE-2014-0178