Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:samba(multiple_vulnerabilities_in_samba1)

low Nessus プラグイン ID 80769

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- 3.6.24 より前の 3.6.x、4.0.19 より前の 4.0.x、および 4.1.9 より前の 4.1.x の Samba の nmbd の sys_recvfrom 関数により、リモートの攻撃者が、無効な形式の UDP パケットを介してサービス拒否(無限ループおよび CPU 消費)を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-0244)

- 3.6.24 より前の 3.6.x、4.0.19 より前の 4.0.x、および 4.1.9 より前の 4.1.x の Samba の smbd の push_ascii 関数により、認証されたリモートユーザーが、Unicode の使用を指定することなく Unicode パス名を読み取ろうとすることでサービス拒否(メモリ破損およびデーモンクラッシュ)を引き起こし、無効なポインターデリファレンスを発生させる文字セット変換の失敗を引き起こす可能性があります。
(CVE-2014-3493)

ソリューション

Solaris 11.2.1.5.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?bbca196e

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 80769

ファイル名: solaris11_samba_20140915_2.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.3

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.2, p-cpe:/a:oracle:solaris:samba

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2014/9/15

参照情報

CVE: CVE-2014-0244, CVE-2014-3493