Oracle Solaris サードパーティのパッチの更新:wireshark(multiple_vulnerabilities_in_wireshark8)

medium Nessus プラグイン ID 80810
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Solaris システムに、サードパーティのソフトウェアに対するセキュリティのパッチがありません。

説明

リモートの Solaris システムに、次のセキュリティの更新に対処するのに必要なパッチがありません:

- 1.8.11 より前の Wireshark 1.8.x と 1.10.3 より前の Wireshark 1.10.x において、IEEE 802.15.4 ディセクタの epan/dissectors/packet-ieee802154.c の ieee802154_map_rec 関数が、正しくないポインターチェーンを使用しており、これによりリモートの攻撃者が、細工されたパケットでサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-6336)

- 1.8.11 より前の Wireshark 1.8.x と 1.10.3 より前の Wireshark 1.10.x において、NBAP ディセクタでの詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者が、細工されたパケットでサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-6337)

- 1.8.11 より前の Wireshark 1.8.x と 1.10.3 より前の Wireshark 1.10.x において、SIP ディセクタの epan/dissectors/packet-sip.c の dissect_sip_common 関数が、データ構造を適切に初期化しておらず、これによりリモートの攻撃者が、細工されたパケットでサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-6338)

- 1.8.11 より前の Wireshark 1.8.x と 1.10.3 より前の Wireshark 1.10.x において、OpenWire ディセクタの epan/dissectors/packet-openwire.c の dissect_openwire_type 関数により、リモートの攻撃者が、細工されたパケットでサービス拒否(ループ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-6339)

- 1.8.11 より前の Wireshark 1.8.x と 1.10.3 より前の Wireshark 1.10.x において、TCP ディセクタ epan/dissectors/packet-tcp.c が、残りのデータ量を適切に決定しておらず、これによりリモートの攻撃者が、細工されたパケットでサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-6340)

ソリューション

Solaris 11.1.14.5.0 にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a913f44

http://www.nessus.org/u?6ccbc2d4

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 80810

ファイル名: solaris11_wireshark_20131217.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2015/1/19

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris:11.1, p-cpe:/a:oracle:solaris:wireshark

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release, Host/Solaris11/pkg-list

パッチ公開日: 2013/12/17

参照情報

CVE: CVE-2013-6336, CVE-2013-6337, CVE-2013-6338, CVE-2013-6339, CVE-2013-6340