OracleVM 3.3:openssl(OVMSA-2015-0005)(FREAK)

medium Nessus プラグイン ID 80929

概要

リモートの OracleVM ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- 修正 CVE-2014-3570 - BN_sqr で正しくない計算

- 修正 CVE-2014-3571 - dtls1_get_record でのクラッシュの可能性

- 修正 CVE-2014-3572 - ECDH 暗号スイートの非 PFS 状態へのダウングレードの可能性

- 修正 CVE-2014-8275 - さまざまな証明書の指紋の問題

- 修正 CVE-2015-0204 - 非エクスポート暗号スイートの RSA エフェメラルキーおよびサーバーでのサポートを削除

- 修正 CVE-2015-0205 - 認証されていないクライアント DH 証明書を許可しない

- 修正 CVE-2015-0206 - DTLS レコードのバッファリングでメモリ漏洩の可能性

- RSA の d の計算で、FIPS が認める方法を使用

ソリューション

影響を受ける openssl パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6f04e43f

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 80929

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2015-0005.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

公開日: 2015/1/23

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:openssl, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/22

脆弱性公開日: 2015/1/8

参照情報

CVE: CVE-2014-3570, CVE-2014-3571, CVE-2014-3572, CVE-2014-8275, CVE-2015-0204, CVE-2015-0205, CVE-2015-0206

BID: 71935, 71936, 71937, 71939, 71940, 71941, 71942, 74107, 75769