RHEL 5/6/7:java-1.7.0-oracle(RHSA-2015:0079)(POODLE)

medium Nessus プラグイン ID 80931
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済みの java-1.7.0-oracle パッケージが、Oracle Java for Red Hat Enterprise Linux 5、6 および 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Oracle Java SE バージョン 7 には、Oracle Java Runtime Environment および Oracle Java ソフトウェア開発キットが含まれています。

この更新では、Oracle Java Runtime Environment および Oracle Java ソフトウェア開発キットのいくつかの脆弱性が修正されます。これらの欠陥の詳細については、Oracle Java SE Critical Patch Update アドバイザリページの「参照」セクションを参照してください。
(CVE-2014-3566、 CVE-2014-6585、CVE-2014-6587、CVE-2014-6591、 CVE-2014-6593、CVE-2014-6601、CVE-2015-0383、 CVE-2015-0395、CVE-2015-0403、CVE-2015-0406、 CVE-2015-0407、CVE-2015-0408、CVE-2015-0410、 CVE-2015-0412、CVE-2015-0413)

CVE-2015-0383 の問題は、Red Hat により発見されました。

注:この更新では、CVE-2014-3566 の問題(別名、POODLE)に対処するために、 Oracle Java SE は SSL 3.0 プロトコルを無効にしています。
SSL 3.0 サポートが必要な場合に、再び有効にするための手順については、参照セクションでリンクされている Red Hat Bugzilla バグを参照してください。

java-1.7.0-oracle の全ユーザーは、Oracle Java 7 Update 75 が提供されるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。この更新を有効にするには、 Oracle Java の実行中のインスタンスをすべて再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?df55894d

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1152789#c82

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:0079

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-3566

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6585

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6587

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6591

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6593

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-6601

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0383

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0395

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0403

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0406

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0407

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0408

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0410

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0412

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0413

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 80931

ファイル名: redhat-RHSA-2015-0079.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/1/23

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-javafx, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.0-oracle-src, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/22

参照情報

CVE: CVE-2014-3566, CVE-2014-6585, CVE-2014-6587, CVE-2014-6591, CVE-2014-6593, CVE-2014-6601, CVE-2015-0383, CVE-2015-0395, CVE-2015-0403, CVE-2015-0406, CVE-2015-0407, CVE-2015-0408, CVE-2015-0410, CVE-2015-0412, CVE-2015-0413

RHSA: 2015:0079