Ubuntu 14.04 LTS: Oxide の脆弱性 (USN-2476-1)

critical Nessus プラグイン ID 81016

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

ICU でいくつかのメモリ破損のバグが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれらを利用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行するおそれがあります。(CVE-2014-7923、CVE-2014-7926)

IndexedDB の実装で use-after-free が発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、アプリケーションのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、プログラムを起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7924)

Blink での WebAudio の実装で use-after-free が発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7925)

V8 でいくつかのメモリ破損のバグが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれらを利用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行するおそれがあります。(CVE-2014-7927、CVE-2014-7928、CVE-2014-7931)

Blink での DOM の実装で、いくつかの use-after-free のバグが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれらを利用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行するおそれがあります。(CVE-2014-7929、CVE-2014-7930、CVE-2014-7932、CVE-2014-7934)

FFmpeg で use-after-free が発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7933)

FFmpeg で複数の off-by-one のエラーが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7937)

フォントの実装でメモリ破損のバグが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7938)

ICU はデータ構造用のメモリを正しく初期化していないことが判明しました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7940)

フォントの実装では、データ構造用のメモリを正しく初期化していないことが判明しました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、サンドボックス型レンダリングプロセスの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-7942)

Skia で領域外読み取りが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用して、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-7943)

Blink に、領域外読み取りが発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用して、レンダラーのクラッシュによりサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-7946)

証明書エラーがある場合でも、AppCache は SSL セッション用のキャッシュで処理していることが判明しました。リモートの攻撃者はこれを悪用して、MITM 攻撃を仕掛けることで、HTML アプリケーションの内容を改ざんする可能性があります。(CVE-2014-7948)

複数のセキュリティの問題がChromiumで発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれらを悪用し、初期化されていないメモリを読み取ったり、アプリケーションのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、プログラムを呼び出すユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2015-1205)

V8 で、複数のセキュリティの問題が発見されました。ユーザーが騙されて特別に細工された Web サイトを開いた場合、攻撃者がこれらを悪用し、初期化されていないメモリの読み取り、レンダラークラッシュによるサービス拒否、またはサンドボックス型レンダリングプロセスの権限を使用した任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-1346)。

注意: Tenable Network Security は、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenable では、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-2476-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 81016

ファイル名: ubuntu_USN-2476-1.nasl

バージョン: 1.22

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/1/27

更新日: 2023/10/23

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2015-1346

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-7926

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:liboxideqtcore0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:liboxideqtquick0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:oxideqmlscene, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:oxideqt-chromedriver, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:oxideqt-codecs, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:oxideqt-codecs-extra, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:liboxideqt-qmlplugin

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/26

脆弱性公開日: 2015/1/22

参照情報

CVE: CVE-2014-7923, CVE-2014-7924, CVE-2014-7925, CVE-2014-7926, CVE-2014-7927, CVE-2014-7928, CVE-2014-7929, CVE-2014-7930, CVE-2014-7931, CVE-2014-7932, CVE-2014-7933, CVE-2014-7934, CVE-2014-7937, CVE-2014-7938, CVE-2014-7940, CVE-2014-7942, CVE-2014-7943, CVE-2014-7946, CVE-2014-7948, CVE-2015-1205, CVE-2015-1346

BID: 72288

USN: 2476-1