Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x、SL7.x i386/x86_64 の glibc(GHOST)

high Nessus プラグイン ID 81038

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

glibc の __nss_hostname_digits_dots() 関数に、
ヒープベースのバッファオーバーフローが見つかりました。この関数は、gethostbyname() と gethostbyname2() の glibc 関数呼び出しで使用されます。アプリケーションにこれらのいずれかの関数を呼び出させることができるリモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、アプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-0235)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c384376c

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 81038

ファイル名: sl_20150127_glibc_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/1/28

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-debuginfo-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-headers, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-static, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-utils, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:nscd, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/1/27

脆弱性公開日: 2015/1/28

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Exim GHOST (glibc gethostbyname) Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2015-0235

CERT: 967332